H.C.(ホステスチャージ)|高級クラブ用語集

【H.C.(ホステスチャージ)】

銀座クラブの専門用語

【意味】
銀座高級クラブにおけるH.C.(ホステスチャージ)は3000~5000円程度です。

「指名料」に相当するホステスに対するチャージになります。といっても、銀座のクラブでは係のホステスが決まっているので、お客様としては「毎回指名している」という意識は希薄です。

また、係以外のホステスさんに付いてもらったからといって人数分のホステスチャージを取られるようなことはありません。銀座高級クラブのホステスさんは、キャバクラのように「指名で稼ぐ」というシステムとは根本的に違うからです。

係のホステスさんにとっては、「勘定に自らの裁量を持ち込む」際に真っ先に手をつけるのがこのホステスチャージで、彼女たちが「勉強してくれる」意思を示す場合には、キャッシャーさんにここを「カットして」と頼んだりします。

 

B.C.(ボーイチャージ)|高級クラブ用語集

【B.C.(ボーイチャージ)】

銀座クラブの専門用語

【意味】
銀座高級クラブにおけるB.C.(ボーイチャージ)はお1人様あたり2000~3000円程度です。お運びや片づけ他の雑用をこなすボーイさんのチャージになります。

A.C.(オールチャージ)|高級クラブ用語集

【A.C.(オールチャージ)】

銀座クラブの専門用語

【意味】
銀座高級クラブにおけるA.C.(オールチャージ)はお1人様あたり3000~5000円程度です。まったくもって意味不明な代金ですが、店のスタッフの人件費とかその他の維持費、オペレーション・チャージ的なものかと思われます。また、「豪華な内装ですとか、高級感ですとか、お店の雰囲気だとか、そういったお店の空間に対するチャージ」とも言われています。

T.C.(テーブルチャージ)|高級クラブ用語集

【T.C.(テーブルチャージ)】

銀座クラブの専門用語

【意味】
銀座高級クラブにおけるT.C.(テーブルチャージ)はお1人様あたり3000~5000円程度です。「テーブルを占領することについてかかる場所代」といったところでしょうか。伝票の上半分のところに記載されている「セット料金」とは別であるところがミソです。「セット料金」は、「テーブルの上に乗っかっているものの料金」で、「テーブルチャージ」は「テーブルそのものを占領する代金」という考え方です。

クローク|高級クラブ用語集

【クローク】

銀座クラブの専門用語

【意味】
クローク(くろーく)とは、クラブやニュークラブなどで客様のかばんやコートなどを入口で預かったり、電話の応対などをする係のスタッフの事をいう。クロークスタッフは9割以上が女性で、ある程度の規模の店舗には必ず1名は常駐している。ミニクラブなどの小規模な店舗では、黒服がクローク業務も兼任していることが多い。

電話の応対においてはある程度の銀座村の知識を求められるため、元銀座ホステスなどといった経歴のクロークスタッフが多い。

ちなみにクロークスタッフの時給は2000円~4000円と、普通のバイトと比べるとかなり高給といえる。

白タク|高級クラブ用語集

【白タク】

銀座クラブの専門用語

【意味】

「白タク(しろたく)」とは「白色ナンバータクシー」の略称で、ナンバープレートが白色の自家用車をタクシーとして営業している車の事であり、法律では禁止されている。(通常のタクシー事業の許可を受けたタクシーのナンバープレートは緑色)

並木通りを中心に、夜の銀座のクラブ街は、22:00から25:00までの間、タクシー事業の許可を受けたタクシーの乗車が禁止されているため、銀座のクラブなどで飲んだお客様は、この「白タク」を店の前まで手配させ、白タクを使って次の目的地へと移動することが一般的である。この際のタクシー料金というのは、距離に応じて変動するが、近距離の場合は通常の緑色ナンバーのタクシー料金の倍以上というのが相場である。例えば銀座から六本木までの場合、通常のタクシーだと2000円以下だが、白タクを使うと5000円ぐらいの料金となる。

また、白タクは銀座のホステスや黒服たちの帰りの交通手段としても日常的に使われている。この場合は、お客様が使う白タクとはまた別の同業者向けの白タク業者となり、料金は通常のタクシーの約半額といった金額が相場となっている。料金が安い分、同じ方面の客同士が相乗りするといったのが基本的なスタイルである。

ヘルプ|高級クラブ用語集

【ヘルプ】

銀座クラブの専門用語

【意味】

「売上ホステス」の営業活動をサポートする役割のホステスが「ヘルプ」である。

売れっ子の「売上ホステス」ともなれば、「自分の客」が5組、6組くらい同時に来店するなどというケースもしばしば発生する。こうした状況下では、一組の客が何時間も彼女を独占するというのは極めて難しいことになる。

売れっ子の「売上ホステス」は、まさに「蝶」のように「自分の客」のテーブルからテーブルへ、ヒラヒラと回る。そこで「ヘルプ」の出番。「係のホステス」が別のテーブルについている間、待っている客の相手をする。

このとき、待っている客を飽きさせない接客を求められることはもちろん、「客のボトルを一緒に飲んで減らす」等、売上にも協力しなければならない。「代打で必ずクリーンヒットを打つこと」を求められているようなものである。そのくせ、典型的な女の職場であるクラブのこと、「代打がいきなりホームランを打った」ら憎まれるケースも少なくない。

これがうまくこなせるようになると、「良いヘルプ」として「売上ホステス」たちにも重宝され可愛がられて、彼女たちが担当している「いいお客」のヘルプを任されるようになり、お客たちにも人気が出たりするのである。

つまり、「売上ホステス」を目指す「ヘルプホステス」にとっては、将来への布石になるという訳である。

もちろん、「売上ホステス」が自分の客がいないときに、他の「売上ホステス」のヘルプに回ることも日常茶飯事で、自分の客以外の客から声がかかることもよくある。「売上ホステス」同士の協力も必要不可欠なのである。同時に、当然ながら「売上ホステス」同士は仕事上のライバルでもある。

こうした「売上ホステス」同士とか、「ヘルプ」の間の人間関係にもさまざまなドラマが生まれる。

売上ホステス|高級クラブ用語集

【売上ホステス】

銀座クラブの専門用語

【意味】

「売上ホステス」とは、一言で言うと、「個人のホステス一人ひとりが、店という場所とそこで提供されるサービスを利用できるように、店側とある種の契約関係を結んだ上で接客業を営んでいる個人事業主」といえるだろう。「売上ホステス」はある面で個人事業主なのである。

まず、売上ホステス達は「自分を指名した客」、つまり「自分の客」を持っている。また、客にとって、「自分が指名したホステス」は「自分を受け持っている売上ホステス」のことであり、これを「係のホステス」または「担当のホステス」と呼ぶ。

このあたり、呼び方は別にしても「お水の花道」の中での「自分を指名してくれる客」と「自分が指名したホステス」に相当するわけで、このドラマ同様といえるだろう。

銀座の高級クラブでは、この「自分の客そのものの数」ではなく、「自分の客が店で使う金額」によって、よりストレートにナンバーワン等のランクが決まるのである。「自分の客」が店で使ってくれた金額が一番多いホステスが、その店のナンバーワンなのである。

もちろん「自分の客」が多いに越したことはないのだが、いくら自分を指名する客が多くても合計売上金額がトップでなければナンバーワンになることはできず、逆に理論的には、たった一人の「自分の客」が他の売上ホステスの客たちが使う金額の合計額を上回る金額を使ってくれればナンバーワンになれるわけである。

したがってナンバーワンを狙う「売上ホステス」は「自分の客が一人でも多く店に来てくれるように」営業するのと同時に、「自分の客が1円でも多く金を使ってくれるように」必死に営業するわけである。

しかも、ただただ「たくさん使って!」という「おねだり営業」じゃあ銀座の客にはつうようせず、長続きするわけもないため、常に「銀座ホステスの接客術」を磨く必要が出てくるわけである。

御門通り|高級クラブ用語集

【御門通り】

銀座クラブの専門用語

【意味】

銀座村の南端、博品館ビルのところから高速道路の高架に沿ってリクルート本社のところまで続く一方通行の通り。

ここでも高速道路の高架下はテナントビルとなっていて、「銀座9丁目」を意味する「銀座ナイン」と名付けられ、高級クラブこそ入居していないが、かに道楽、やぐら茶屋といった大衆店チェーン店をはじめとした飲食店やブティック、美容院などが入居している。

ココが意外と銀座村のホステスたちによく利用されているのである。入居する美容院「ロサ」はまさに「銀座のホステス御用達」で、婦人服銀座宝屋では、「仕事着なのにバカにならない衣装代」が大変なクラブホステス達に、ヴェルサーチもどき、ディオールもどき、みたいな「夜のお店用衣装」を供給してくれる。

花椿通り|高級クラブ用語集

【花椿通り】

銀座クラブの専門用語

【意味】

コリドー通り側から銀座通りに向かう一方通行の通り。銀座村内の8丁目と7丁目の間に位置することもあり、夜になるとかなり賑やかになり、クラブ活動濃度も高い通りである。

電通通りより西側の地区のニューギンザビルは、オフィス系テナントと飲食店系テナントが混在しているが、ホステス向けのヘアセットサロンの「GOKITA」や「あさの美容院」等が入居し、さらに、クラブ業界関係者の打ち合わせや同判時の待ち合わせ場所として盛んに利用さている喫茶店「和蘭豆」などもあり、「銀座村のホステスの楽屋裏」といった雰囲気である。電通通りより東側は、夜になると一層華やかである。「並木通りと花椿通りの交差点」などは、まさに「銀座村クラブ活動のゴールデンクロシング」といえるだろう。

並木通りと並んで、メジャーな高級クラブが入居するビルも林立し、夕方ともなると着飾ったホステスたちが行きかう光景がみられる。