みゆき通り|高級クラブ用語集

【みゆき通り】

銀座クラブの専門用語

【意味】

日比谷の劇場街方面からのガードをくぐったところから銀座通り方面に向かう一方通行で、「明治天皇の御行幸に由来する」という由緒正しい由来を持つ通り。また、「みゆき族」なる若者を生んだ通りでもある。

電通通りより西側の地区は、「数寄屋通りクラブ活動エリア」に隣接しているが、電通通りより東に行くと、8丁目からやや距離があることもあり、夜のにおいはさほど強く感じられない。

その中でこの通り沿いで並木通りと西五番街の中間に位置するちょっとレトロな塚本不動産ビルが出色である。

このビルの一階、横の路地を入った奥にあるバー「ルパン」は、「太宰治が常連だった」として有名な老舗のバーで、ビル内にはクラブ活動家も同判時に利用している串揚げ屋「金の串」などのレストランなどが入居している。さらに地下には「京都祇園のお茶屋さん付属のバー」みたいなつくりのバー「しゃくん」が隠れていて一部クラブ活動家やホステスたちにアフターの隠れ家のように利用されている。

ビルの構造からいって、いずれの店も表からはあまり目立たなくなっているので”通好み”のビルである。

こちらの記事もお読み下さい。