お酒が飲めなくても平気?

みなさんこんにちわ。

さて本日は「お酒」についてお話ししたいとおもいます。

 

お酒を飲めなくても銀座高級クラブでの勤務は可能?

けっこう多いのが「お酒飲めないですけど大丈夫ですか?」という質問です。

基本的に銀座や六本木などの高級クラブではお酒が多少飲めないとNGになってしまいます。なぜかというと、基本的にはお客様の席について接客する時はお客様が入れたボトルを一緒に飲むからです。ウイスキーの水割りやソーダ割り、お客様がシャンパンやワインを飲んでいたらそれを飲むのが基本となっています。水割り等は飲み干す必要は無い場面がほとんどなのですが、ワインやシャンパンなどの抜きモノに関しては高額な物が多いため、残すことは失礼ですのでNGとなります。もし、全く飲めない、飲むと倒れてしまうなどといった方でしたら高級クラブでのお仕事はお勧めはできません。ですが、歌舞伎町や六本木などに来るようなお客様と違って銀座の高級クラブのお客様はとても紳士的な方が多いので強制的に飲ませる方はいませんよ!一杯飲めれば十分ですし、多少ほろ酔いでお仕事した方が会話も弾みますよ。銀座高級クラブの席でテキーラが出てきたり一気コールが始まったりと言った事はほとんどありませんので、たしなみ程度にお酒を飲む事ができれば十分ということです。

全くお酒を飲む事ができない方にはキャバクラかミニクラブでの勤務がおススメ

もしアルコールにアレルギーがあったり、お酒を一滴も飲めないという場合は高級クラブでの勤務ではなく、飲めなくても勤務が可能なミニクラブやキャバクラなどでのお仕事がおススメとなります。お給料は高級クラブ程の水準ではありませんが、ノルマが無く終電帰りが可能なお店も多く、ソフトドリンクのみのお付き合いでも対応が可能なので気軽な気持ちでお仕事ができるとおもいますよ!

こちらの記事もお読み下さい。