数寄屋通り|高級クラブ用語集

【数寄屋通り】

銀座クラブの専門用語

【意味】

数寄屋通りは数寄屋橋交差点の東芝ビル裏、数寄屋橋公園のところから始まり、七丁目まで直進(ここまでとの説もある)、ちょっとズレて8丁目に入ると道幅も狭くなり蛇行して、東京華僑会館のところまで続く一方通行。

この通りの6丁目のブロックこそ、「クラブ活動の名門・数寄屋通り6丁目エリア」である。みゆき通り側から入ると、右手に並ぶ小ぶりなビル群には、フリルひらひらな衣装がトレードマークで、映画『女帝』にも特別出演した有名ママ、田村順子ママの「クラブ順子」等が並び、さらに裏手の泰明通りに抜ける路地周辺にもクラブやバーが密集している。片や通りの左手にある関西割烹・出井の出井ビル本館には、現在の銀座クラブの横綱クラスの一つ、クラブ麻衣子が入居している。また、老舗の食事処も点在している。

7丁目に入るとリクルートG7ビルといったオフィスビルが出現し、夜は一瞬寂しくなったかのように感じるが、半ばを過ぎればクラブの活動的な景色が復活する。

少しズレて8丁目に入ると、道幅が狭くなって『裏通り』の雰囲気になるが、逆に風情ある一角を形成している。深夜でも営業する蕎麦屋・ふく留などが多くのクラブ活動家にも利用されている。

こちらの記事もお読み下さい。